【大分食べ歩き】日田市〜いちご狩りの日〜

めぐり旅 in 九州
Pocket

こんにちは!酒飯研究会のさりです。

本日は【大分・日田市の日帰り旅】で立ち寄った場所をご紹介します!

お昼から夕方17時頃まで、酒飯らしいグルメづくしの1日を満喫しました。

食いしん坊の方は、是非参考にしてみてくださいね!

いちご狩りを目的に決まった・日田旅

大分県・日田市は、福岡県、熊本県と隣接している地域です。
江戸幕府の天領地であったり、日本最大規模の私塾「咸宜園(かんぎえん)」の跡地というような歴史も豊富です。

今回はいちご狩りをメインイベントに、グルメ旅を楽しみました!

立ち寄った場所

日田焼きそば・みくま飯店

大分・日田といえば、日田焼きそば。

日田焼きそばは、1955年に想夫恋の初代店主が考えたものとされています。主に豚肉ともやしが入っていることが多く、スタンダードな焼きそばと同じく、濃厚ソースを使っています。

今回は、みくま飯店で「やきそば(750円)」を注文しました。

みくま飯店では、やきそばにとんこつスープがついてきました!

メニューにはラーメンが並んでいるのですが、優しい味付けのスープが美味しくて、「次はラーメンも食べたい!」と全員で絶賛しました。

やきそばは麺が、短くカリカリとしていて、初めて食べる食感でした。

太麺なこともあり、すごく食べ応えがありました!

<店舗情報>

営業時間11:00-19:00 (月曜日のみ、11:00-14:00)
定休日水曜日
住所〒877-0044 大分県日田市隈1-5-21
電話0973-22-7261

いちご狩り・湯浅農園

章姫(あきひめ)と紅ほっぺの2種類が楽しめる湯浅農園では、30分の食べ放題をしました!

章姫は蜂蜜のような「お花・蜜の香り」が強く、
紅ほっぺは、自然の甘さとは違う、まるでお菓子のような甘さがありました。

30分あったのですが、20分たったところで限界でした…

実際にいちご選びをすると、小さい粒より大きい粒の方が断然甘く美味しかったです!

少しかがんで横から見ると、ちょうど葉っぱの後ろに隠れているいちごが大きめでした。

食べ放題は30分で1500円。
お持ち帰りが100gで150円でした。

湯浅農園、初めて行ったのですが、大満足でした!

<店舗情報>

営業時間8:00-17:00
定休日不定休
住所〒877-0111 大分県日田市天瀬町五馬市1305-2
電話

とりさし・西邑かしわ専門店

以前、日田のお土産にとりさしを頂いたのですが、値段を聞いてびっくり!

とりさしが買えるお店はいくつかありますが、今回は西邑(にしむら)かしわ専門店にて購入しました。

ワンプレート、1,200円です!

これからの時期は暖かくなってきますので、クーラーボックスや保冷袋を持っていくことをおすすめします。

日田へお立ちよりの際は是非!!私は持ち帰って、みんなで晩酌しましたよ〜

<店舗情報>

営業時間10:00-19:00
定休日不定休
住所〒877-0037 大分県日田市若宮町3-80
電話

買い物・豆田町

豆田町はもともと江戸幕府の直轄の天領地という意外とすごい町。

昔ながらの町並みに、食べ歩きができるお店がたくさんあります。

食べ物以外にも、雑貨屋さんやカフェが有り、お土産にも困りません!

薫長酒造も近くにありましたよ〜。

個人的にお気に入りは、天領まちの駅。

お野菜や果物が格安で買えるのと、お土産品もいろいろ置いています!

この椎茸、一箱500円。買って帰ってバター醤油で味付け、みんなで食べましたよ!

また、つぼみな(100円)と、ふきのとう(200円)も買って帰って天ぷらにしました。
つぼみなは、スーパーで買うと300円くらいするので2つ買いました。

とても美味しくて、その日のうちに食べ切ってしまいました…

駐車場が広めなのも嬉しいポイントでした。私が行った日は駐車場がガラガラでしたが、混んでいる日もあるようです。

<店舗情報>

営業時間9:00-18:00
定休日不定休
住所〒877-0005  大分県日田市豆田町8-33
電話0973-22-2033

まとめ

今回は私が行った【大分・日田市の日帰り旅】について紹介させて頂きました。

完全プライベートで、写真が足りないところもあると思いますがご了承ください。

もしこのような記事をもっと読みたい、という場合は是非コメントやline@、SNSなどからメッセージをいただけると嬉しいです!