【酒飯研究会】ムール貝 x 日本酒 or 白ワイン

酒飯研究会
Pocket

こんにちは!酒飯研究会のさりです!

酒と肴と旨い飯はお酒とご飯の相乗効果を推奨しています。
そこでよく使う例が、生牡蠣と日本酒のマリアージュ。
牡蠣は良く白ワインと合わせがちですが、それだと生臭さが目立ってしまいます。

そこで今回は、ムール貝と白ワイン・日本酒でのペアリングを試して見ました。

ムール貝のペアリングして見た!

使ったムール貝の基本情報

缶つまシリーズ、缶つま★レストランの「ムール貝の白ワイン蒸し風」
少し小ぶりではあるものの、想像以上にたくさん入っていました。
そのまま食べても良いですが、温めたり、アレンジレシピに応用すると尚楽しめそうです!

名前:缶つま★レストラン ムール貝の白ワイン蒸し風
価格: 490円(税込)
内容量(固形・総量):50g・95g

ペアリングをしたワイン

夏にKALDIで購入した、こちらのEL PASO。まさにその雰囲気にあった味でした。甘さはあまりなく、酸味と軽さですっと飲みやすい印象。後味に喉の奥に少し苦味を感じる、辛口よりのワインでした。

名前:エル・パソ ブランコ(白) 750ml
生産国:スペイン(カステリーリャ・ラ・マンチャ)
葡萄品種:ベルデホ、ヴィウラ
価格:1,078円(税込)
内容量
:750ml
アルコール度数:13.0%

(2020年1月時点、在庫切れ)

(エル・パソ ロッソ(赤)は、在庫があるようです。)

ペアリングをした日本酒

鬼ころしといえば、「コンビニで売っている、パックの安い日本酒」というようなイメージがあるのではないでしょうか?

しかし「鬼ころし」の名がつく日本酒は、実は日本各地にいくつかあります。そして、こちらは北海道の國稀酒造からでている商品です。

甘口にあるほんわり感はなく、本当にすっきりとした洗礼された味です。

名前:国稀 北海鬼ころし 超辛口酒
生産国:日本(北海道)
原料米:東北産ササニシキ
精米歩合:65%
価格:1,347円(税込)
内容量
:900ml
アルコール度数:17.0-18.0%

検証内容

検証内容① ムール貝 x 白ワイン

メグ
自然と貝に手が伸びるような、食べ合わせの良さ! 白ワインの鼻抜けと貝の臭みがいい感じ。
アヤネ
どちらの味も味わえますね。 私はこっちが好きかも!

検証内容② ムール貝 x 日本酒

メグ
ムール貝のくさみを日本酒が消してくれたけど、余韻はあまり感じないな〜
アヤネ
そうですね。ペアリングというより個々別々に味わっている印象かな…くさみは消えるけど…

ムール貝のペアリングして見た!の検証結果

今回は単刀直入にいってしまえば、失敗です。

本来私の予測では、ムール貝のくさみを日本酒が消してくれ、ムール貝が進むというものでした。
しかし缶詰がワイン蒸しだったせいか、そちらの方が違和感がなく、美味しく感じました。

・日本酒が辛口
・貝が生ではない

など、反省点はまだまだあります。
今後も素敵な発見を目指して、酒飯研究会、精進します!

応援どうぞよろしくお願いします。