日本酒を飲んでみよう!~種類と飲み方について~

酒豆知識
Pocket

日本酒を飲んでみよう! ~日本酒基礎知識編~

こんにちは!酒飯研究会の或(ある)です。

皆さんは普段、日本酒は飲みますか?

日本酒といえば、純米大吟醸・純米酒・本醸造酒などなど、いろいろ種類がありすぎてややこしいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

今回は「日本酒を飲んでみよう! 〜日本酒基礎知識編〜」と題しまして、知っていると役立つ日本酒に関する基本的な知識について書きたいと思います!

torayukiさんによる写真ACからの写真

まずはここから!〜日本酒基本の8分類〜

日本酒は基本の原料に米、米麹、水を使って作られます。

日本酒の種類は、お米の精米歩合と醸造用アルコールを加えるかどうかで8つの種類に分類されます。

純米酒

「純米酒」とは、醸造用アルコールを添加せず、純粋に米、米麹、水だけで作られる日本酒のことです。その中でもお米の精米歩合によって以下の4つの種類に分類されます。

  • 純米大吟醸酒:精米歩合50%以下
  • 純米吟醸酒:精米歩合60%以下
  • 特別純米酒:精米歩合60%以下、もしくは特別な醸造方法
  • 純米:精米歩合規定なし(60%以上のものが多い)

本醸造酒

「本醸造酒」は米、米麹、水と醸造用アルコールを添加して作られる日本酒のことです。

醸造用アルコールは、度数を上げるなどのアルコール補充が目的ではなく、そのお酒特有の味わいや香りを生み出すために使われます。

  • 大吟醸酒:精米歩合50%以下
  • 吟醸:精米歩合60%以下
  • 特別本醸造:精米歩合60%以下、もしくは特別な醸造方法
  • 本醸造:精米歩合70%以下

精米歩合とは?

日本酒を作る際に使われるお米は、目指すお米の種類や味わいによって外側を削られます。精米歩合とは、お米を削った結果全体の何%残ったかを表します

つまり、精米歩合60%であれば外側の40%は削られたということになります。

米の外側の部分に含まれるたんぱく質や脂質、でんぷんなどの栄養素は、雑味が生み出されたり、香りが抑制される要因となります。

そのため、よりスッキリとした日本酒を作るには時間と手間をしっかりとかけ、米をできるだけ削る必要があるのです。

しかし、精米歩合の高い日本酒が悪いお酒かと言えばそんなことは全くありません。

脂質や栄養素をうまく使うことで、香りが華やかになったり味わいに旨みやコクがグッと引き立ちます。

精米歩合によって、それぞれそのお酒の個性が生み出されているので、ぜひいろいろ試してみてください。

吟醸とは?

吟醸というのは、文字通り「吟味して醸す(作る)」ということを指しています。

よりよく磨いたお米を低温でゆっくり発酵させる伝統的な醸造方法で作られるため、吟香と呼ばれるフルーティで華やかな味わいが生み出されます。

辛口、甘口とは?

日本酒の味わいを表す際に、「辛口」「甘口」といった表現が使われることがあります。辛口であればあるほど余韻のないスッとキレの良い味わいになり、甘口であればあるほど甘さや余韻の深さが際立つ味わいになります。

その日本酒が辛口なのか甘口なのかは、飲む前でもラベルに表記されている「日本酒度」という数字である程度判断することができます。

+(プラス)の数字が大きいほど辛口、−(マイナス)の数字が大きいほど甘口なので、ぜひ日本酒を選ぶ際は参考にしてみてください。

ちなみにこの日本酒度は、日本酒を醸造する仕上げの段階で、日本酒時計というものを使って数値化します。

日本酒は米、米麹、水を合わせたものを酵母を用いて発酵させて作ります。しかし米には酵母が発酵を行うのに必要な糖分が含まれません。そのため、米麹の麹菌を使い米のデンプンを糖に変えてから発酵させます。

このとき酵母がどれくらいアルコールや酸を生み出したかで甘口と辛口が決まります。つまりより酵母が働き発酵が活発に行われればその分糖分は減るので辛口に、逆に酵母があまり働かなければ糖分が残り辛口になります。

アルコールが水より軽く、糖分が水より重いことを利用してそのお酒がどれくらい発酵しているのかを測るのです。

ラベルの読み方

日本酒度の他にも、ラベルに書いてある情報からそのお酒の味わいをおおよそ掴むヒントが書かれています。

ラベルには、純米大吟醸や純米酒などの種類はもちろん、製造年月や酒米の種類、生酒やにごりなどの仕込みの方法などさまざまな情報が書かれています。

これらの情報を少しでも気にかけてみると、自分の好みの日本酒を見つける手掛かりになったり、なんとなくそれぞれの種類の味わいが掴めたりするので、ぜひみてみてください。

日本酒を飲んでみよう!~種類と飲み方について~ まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひいろいろな種類の日本酒を飲んで、あなた好みの銘柄を見つけてみてください!

それでは次回の記事もお楽しみに!