ビールの美味しさって? ~とりあえず生くださいの謎~

酒豆知識
Pocket

皆さんこんにちは!酒飯研究会の或(ある)です。

皆さんの晩酌の1杯目はなんでしょうか?

「とりあえず生ビール!」の人も多いと思いますが、そもそも生ビールの「生」って何のことか知ってますか?お店などでサーバーから注がれるビールが「生ビール」と思っている方、必見です!

そもそも生ビールの「生」って?

生ビールの「生」とは、簡単に言えば非加熱ビールということ。これは、ビールを作る工程に関係しています。

ビールを作るにはまず、麦を発芽させたモルトを細かく砕いたものと水を使って作った麦汁を作ります。その後、ホップという植物を加えて煮沸し、さらに酵母をいれて発酵させたものを熟成させます。完成段階まで来たらそれ以上発酵が進まないように酵母の働きをとめ、最終的な完成となります。

ここでほとんどの場合、酵母を濾過して取り除くか、熱処理で酵母の働きをとめるかの2パターンに分かれるのですが、前者の方法で仕込んだものは濾過なので非加熱、後者の方法で仕込んだものは熱処理を行うので加熱となります。

つまり、酵母を濾過処理してできたものが「生ビール」、熱処理してできたものが「熱処理ビール」となります。

日本で販売されているビールのほとんどが「生ビール」です。これは例えば缶ビールであればパッケージのラベル表示(最下部)で確認することができます。お店などでサーバーから注がれるビールが「生ビール」というわけではないのです。

生ビールと熱処理ビールの特徴

生ビール(非加熱ビール)

 

酵母を濾過処理したビール、つまり「生ビール」は、一度濾過している分全体的にクリアになりキレがよく爽やかさでのどごしがいいのが特徴です。

熱処理ビール

 

酵母を熱処理したビールは、麦の苦みや甘みが感じられるどっしり味わいが特徴です。

まとめ

「生ビール」は非加熱ビール。皆さんご存知でしたでしょうか?日本で乾杯の1杯目に生ビールが好まれるのは、舌で感じる味わいというよりも、どちらかというと濾過処理によるのどごしの爽快感が1番の理由ではないでしょうか。

実はビールは世界に100種類以上あるといわれていて、味わいや喉越しも様々です。驚きなのは、日本に流通しているビールのほとんどはなんとそのうちの1種類だけ。ビールの美味しさがよくわからないという方も、この記事をきっかけに自分好みのビールが見つかるきっかけになれば嬉しいです。.

自宅でも飲み比べ!〜スーパーやコンビニで買える生ビールと熱処理ビール〜

実際に家でも違いを飲み比べてみたい!という方に、スーパーやコンビニで手軽に買える生ビールと熱処理ビールをご紹介いたします!

といっても、皆さんがテレビのCMでみたり実際に見かけたりして名前を知っているビールは全部生ビールなので、手軽に買える熱処理ビールをご紹介したいと思います。もしかしたら、缶よりも瓶で見かけることの方が多いかもしれません。

キリンクラシックラガー

【商品情報】

  • 商品名 キリンクラシックラガー
  • 原材料 麦芽、ホップ、米、コーンスターチ
  • アルコール度数 4.5%

サッポロラガービール(赤星)

【商品情報】

  • 商品名 サッポロ クラシックラガービール
  • 原材料 麦芽、ホップ、米、コーンスターチ
  • アルコール度数 5%

まとめ

「生ビール」は非加熱ビール。皆さんご存知でしたでしょうか?日本で乾杯の1杯目に生ビールが好まれるのは、舌で感じる味わいというよりも、どちらかというと濾過処理によるのどごしの爽快感が1番の理由ではないでしょうか。

実はビールは世界に100種類以上あるといわれていて、味わいや喉越しも様々です。驚きなのは、日本に流通しているビールのほとんどはなんとそのうちの1種類だけ。ビールの美味しさがよくわからないという方も、この記事をきっかけに自分好みのビールが見つかるきっかけになれば嬉しいです。

合わせて読みたい記事

【2019最新】コンビニ・スーパーで買えるクラフトビールのおすすめ11選