お米を知って、日本酒をさらに楽しもう!! 〜季節限定酒・お米の違い・保管方法について〜

酒豆知識
Pocket

日本酒をさらに楽しもう! 〜季節限定酒・お米の違い・保管方法について〜

こんにちは!酒飯研究会の或(ある)です。

皆さんは普段、日本酒は飲みますか?

日本酒といえば、「しぼりたて」や「ひやおろし」などなど、いろいろ種類がありすぎてややこしいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

また保管方法の仕方などもわからない人が多いのではないでしょうか?

今回は「日本酒をさらに楽しもう! 〜季節限定酒・お米の違い・保管方法について〜」と題しまして、知っていると役立つ日本酒に関するちょっと詳しい知識について書きたいと思います!

季節限定酒について

日本酒にも旬があるのをご存知でしょうか?

秋に収穫したお米を冬に仕込む日本酒には、四季折々その季節にしか飲めない季節限定のものがあります。冬の出来立てものから段々と熟成が進むにつれ味わいが変わっていき、季節ごとに違う味わいを楽しむことができます。

冬〜春 しぼりたて・新酒

出来立てほやほやの搾りたては、とてもフレッシュな若々しい味わいが特徴です。生酒のためまだ酵母が瓶の中で生きているので、シュワシュワとした発泡感があるものもあります。

この時期の日本酒はバリエーションも豊富なのでさまざまな味わいが楽しめます。

秋の日本酒 ひやおろし

新酒の時期が終わると、日本酒は1度火入れをされて貯蔵期間に入ります。夏の間蔵で寝かせられ秋に出荷される「ひやおろし」は、新酒から熟成され、味にまろやかさや旨みがでて、味の強い秋の味覚と相性抜群の味わいです。

夏の日本酒

本来夏は、日本酒は蔵で熟成される期間ですが、最近は暑い夏でも楽しめるアルコールが低めで爽快感のあるものやスパークリングタイプのものなど、酒蔵ごとにさまざまな夏酒が作られています。

食用米と酒造好適米について

日本酒作りには、私たちがいつも食べている食用米とは異なる、酒造好適米が使われることが多くあります。

食用米に多く含まれるたんぱく質や脂質は、食べる場合には美味しいお米の重要な要素の1つですが、お酒にすると苦みや雑味の原因となります。

また、酒造好適米は美味しい日本酒を作るうえで大きな役割を担う心白と呼ばれる中心部分が食用米より大きく、また外硬内軟で吸水性も高いのため、お米を削って溶かす際に食用米よりも扱いやすいという利点があります。

酒造好適米にもさまざまな種類があり、食用米と同じく味わいもそれぞれ異なります

主な酒造好適米

山田錦

数ある酒造好適米の中でも王様的存在で、最も多く生産されています。特に兵庫県で多く生産されています。

山田錦を使用して造られた日本酒は香味が良く、きめの細かいまろやかさを持った、いわゆる”コク”のある味わいになると言われています。

五百万石

五百万石は新潟を代表する酒造好適米で淡麗辛口な味わいが特徴です。

美山錦

美山錦は長野を代表する酒造好適米ですが、東北でも広く栽培されていて、すっきりとしながらもお米も旨味もしっかり感じられるのが特徴です。

雄町

雄町は酒米としての歴史が古く、山田錦や五百万石のルーツになる酒造好適米で、濃醇でコクのある味わいが特徴です。

日本酒の保存方法について

日本酒は、保管方法によって味わいが劣化してしまうことがあります。保管する上で気をつけたいのは大きく温度と光と空気です。

これは日本酒を購入する際にも、状態の良い日本酒を選ぶ基準になります。

ポイント① 温度

まず温度ですが、これはそのお酒がどんな作りかによってかわることもありますが、日本酒は急激な温度変化に弱いため基本的には常温は避けて冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

ポイント② 日光

次に光ですが、日本酒は紫外線に弱いため、直射日光が当たる場所での保管は避けるのがおすすめです。

ポイント③ 空気

最後に空気ですが、お酒は空気に触れると酸化するためしっかり栓をして保管するのがおすすめです。また空気と触れる表面積を減らすため、できるだけ縦置きで保管すると良いです。

日本酒の保存方法まとめ

お酒によっては常温でも大丈夫だったり、あえて空気と触れさせたりして熟成を楽しんだりするものもあります。

購入後はその日本酒にあった保管方法を調べつつ、急激な温度変化と直射日光にだけ最低限注意して、あえて味わいの変化を楽しむのもいいのではないでしょうか。

お米を知って、日本酒をさらに楽しもう!! 〜季節限定酒・お米の違い・保管方法について〜 まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本酒に興味がある方は、ぜひ近くに酒屋さんを見つけて行ってみてください。きっと興味をひくおいしい1本があるはずですよ。店主さんと仲良くなれば、いろいろ知識を教えてくれたりお酒選びももっと楽しくなると思います!

購入したら保管方法にもちょっと気を使いつつ、楽しんで頂けたら幸いです。

それではまた次回の記事もお楽しみに!