【初心者向け】コンビニで買えるビギナーウイスキーおすすめ9選 価格や選び方も紹介!

コンビニ酒
Pocket

Contents

【安くて美味しい】コンビニで買えるウイスキーおすすめ9選 価格や選び方も紹介!

こんにちは!酒飯研究会の或(ある)です!

最近、コンビニやスーパーに陳列されているお酒のラインナップがとても増えてきましたよね?

「たくさんありすぎてどう選んでいいのか分からない・・・」

「お家で晩酌してみたいけど、どんなお酒を買ったらいいんだろう?」

そんなあなたに、今回はおすすめのコンビニで買えるウイスキー、ウイスキーにあうつまみを紹介していきます!

晩酌のお供選びに是非!

ウイスキーなどの洋酒などについて詳しい情報がみられます。
日本洋酒酒造組合公式サイト

ウイスキーを選ぶ上での注意点

ウイスキーにチャレンジしようとしても、種類や原産国、容量や価格も様々なので、どの銘柄から購入すれば良いのか迷ってしまうはず。

コンビニで販売してるウイスキーも様々あり、酒屋などにいけばさらにたくさんの品揃えがあります。

そのため以下の3点があなたがウイスキーを選ぶ上で重要になってきます。

ウイスキー選びのポイント
①まずは安い価格のウイスキーを試す

②飲みきれる量を購入する(慣れるまでは)

③豊富な飲み方をしてみる

おすすめのウイスキー選び方①:まずは安い価格のウイスキーを試す

ウイスキーはワインなどと同様高級なイメージを抱いてる人も多いですが、近頃はお買い求めやすい価格帯のウイスキーもコンビニで販売されています。

最初は、コンビニに販売されているウイスキーでどんなウイスキーがあってるか見極めましょう!

あなたにとって飲みやすい!味わいのいい!といったウイスキーをコンビニウイスキーで理解することで、徐々に購入するウイスキーの値段を上げていくのが最適な選び方です。

おすすめのウイスキー選び方②:飲みきれる量(ミニボトル)を購入する

ウイスキー初心者の方は、内容量も気にして購入することをおすすめします。

大容量のものをいきなり購入してしまい、自分と好みが合わない場合長く冷蔵庫などにそのウイスキーが眠ってしまうことになるからです。

そのため、安くて量の多いコスパのいいものといった視点で選択するのは避けましょう。

おすすめのミニボトルと飲み方
・700ml前後のミニボトル

この量で、ロックやストレート、ハイボール(炭酸水割)ロックやストレート、ハイボール(炭酸水割)一通り試せます。

おすすめのウイスキー選び方③:豊富な飲み方をしてみる

ウイスキーは飲み方の種類が多いことでも有名なお酒です。

ウイスキーの飲み方と名称
ストレート:ウイスキーのみ

オンザロック:ウイスキー + 氷

水割り:ウイスキー + 水 + 氷

ハイボール:ウイスキー + ソーダ水(炭酸水)

トワイスアップ:ウイスキー + 水

カクテル:ウイスキー + その他

ウイスキーの飲み方

1.ストレート(ニート)

基本的な飲み方
1、グラスにウイスキーを注ぎます。
2、チェイサーにお水をいっぱい用意します。
ハードルが高いように感じられるストレートという飲み方ですが、チェイサーと交互に飲むことで、ウイスキー本来の香りと味を堪能することができる飲み方なのです。

ストレートでウイスキー飲む時は、舐めるイメージで楽しむことが大切です。舌の上で、転がすように味わいます。その後に飲み込み、口の中に広がる香りを楽しむことが出来ます!

2.ハイボール(ソーダ割り・ウイスキーソーダ)

基本的な飲み方
1、グラスに氷を一杯に入れます。
2、氷のみが入っている状態でマドラーを回し、グラスを冷やします。
3、溶け出てしまったお水を捨てます。
4、ウイスキーを適量に注ぎ、混ぜます。
5、ソーダを注ぎます。
6、最後にマドラーで1度だけ縦に混ぜます。
ハイボールは、年齢問わず人気な飲み方です。美味しいハイボールの比率は、ウイスキー1:ソーダ3と言われています。

レモンピールで香りづけをしたり、ソーダ以外のトニックウォーターやコーラ、ジンジャエール等で割ってみると、一味違う楽しみ方が出来ます。

3.水割り

基本的な飲み方
1、グラスに氷を一杯に入れます。
2、氷のみが入っている状態でマドラーを回し、グラスを冷やします。
3、ウイスキーを適量に注ぎ、混ぜます。
4、氷が減ってしまった分追加し、水を注ぎます。
5、マドラーで混ぜます。
ウイスキーの水割りは、日本でポピュラーな飲み方の一つです。ウイスキーを飲んだことのない方でも、挑戦しやすい飲み方です!

水割りのおいしい比率は、ウイスキー1:水2〜2.5と言われています。氷が溶けていき、最後まで移り変わる味わいを楽しんでいくことができるので、是非試してみてください!

4.トワイスアップ

基本的な飲み方
1、グラスにウイスキーを適量注ぎます。
2、常温のお水をウイスキーと同じ量注ぎます。
トワイスアップは、ウイスキー1:水1で作ることによって、ウイスキーの味を引き出すために最適だといわれているアルコール度数20度に、落とすことができる飲み方なのです。

香りを引き出させるためにも、加水する際は常温のお水で試してみてくださいね!

5.ロック(オン・ザ・ロック)

基本的な飲み方
1、ロックグラスに大きめな氷を入れます。
2、ウイスキーをグラスの半分ほど注ぎます。
3、マドラーで混ぜます。
5、お水などのチェイサーを用意します。
ストレートとの違いは、溶けにくい大きめな氷を入れて飲むことです。時間が経つとともに、移ろいゆく味と風味を楽しむことができる飲み方なのです。

6.ハーフロック

基本的な飲み方
1、グラスに大きめな氷を入れます。
2、ウイスキーを適量注ぎ、マドラーでしっかりと混ぜます。
3、ウイスキーと同じ量のお水を注ぎます。
4、マドラーで混ぜます。
水割りで飲むのは少し物足りないが、ストレートやロックは少し刺激が強いと感じる方に、おすすめな飲み方がこちらのハーフロックです。

ウイスキー1:水1で割っている事により味わいが引き立ちます。また、氷が少しずつ溶けていく事で、風味の変化を楽しむことができます!

7.ミスト

基本的な飲み方
1、氷を細かく砕いたクラッシュドアイスをグラスにたっぷりと入れます。
2、ウイスキーを注ぎます。
3、マドラーで混ぜます。
ミストはなんと言っても、その冷たさが特徴なのです。クラッシュドアイスを使用している事で、ほかの飲み方よりもキンキンに冷やすことが出来るのです。

お好みでレモンピールを振りかけたり、レモンを中に入れる事によりスッキリした味わいを堪能することが出来て、カクテルのように飲みやすくなるのです。

8.ウイスキーフロート

基本的な飲み方
1、氷をグラスに入れます。
2、グラスの七分目ほどまでお水を注ぎます。
3、マドラーに伝わせて、お水の上に浮かべる様にウイスキーを注ぎます。
「フロート」と名前にもあるように、水の上にウイスキーを浮かべさせる必要があるので、慎重に注ぐことが重要となります。

飲んでいるうちにウイスキーと水が自然と混ざり合い、味の変化を楽しむことが出来るのです。

9.ホットウイスキー

基本的な飲み方
1、耐熱グラスに、お湯を入れて温めます。
2、グラスの中のお湯を捨てて、ウイスキーを適量注ぎます。
3、ウイスキーの2倍の量のお湯を注ぎます。
4、マドラーで混ぜます。
お湯でウイスキーを割るので、体を温めることが出来ます。リラックス効果や、冷え性にも効果を期待することが出来る飲み方なのです。

お湯の量を調節することによって、体質や体調に合わせて度数を変えて楽しむことが出来ます。

サントリー 山崎のミニボトル

 

サントリー山崎のミニボトル 商品情報

日本のウイスキーの発祥の地である山崎蒸溜所で、1984年に登場した日本を代表するシングルモルトウイスキーです。

甘いバニラ香と熟した果実香で味わい深い風味が特徴で、海外でも大人気なウイスキーなのです。

サントリー山崎のミニボトル 基本情報

アルコール度数:43%

容量 : 50ml(瓶)

サントリー山崎のミニボトルの美味しい飲み方

本来の風味を味わうストレートやロックはもちろん、水割りやソーダ割りもおすすめな飲み方なんです!

水割りは、水の割合を多くしても風味を崩さずに味わうことができ、和食と合う上品なテイストを楽しむことが出来ます。ソーダ割りの場合は、より甘みを引き出すためにも少し濃いめで作ることがおすすめです!

サントリー ウイスキー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶 商品情報

サントリー角瓶は、創業者の鳥井信治郎がスコッチに負けない日本のウイスキーを目指して完成させ、1938年に生まれたロングセラー商品です。

ラベルに「角」の文字はなく、その名前は瓶の形からいつのまにか定着したと言われています。

山崎や白州蒸溜所のバーボン樽原酒によってバランスのとれた味わいは、甘い香りと厚みのあるコク、ドライな後口が特徴で、ハイボールに合うブレンドになっています。

サントリー ウイスキー 角瓶 基本情報

アルコール度数:40%

容量 : 180ml/700ml (瓶)

おいしい角ハイボールの作り方

  1. グラスにレモンを一切れ絞って入れる
  2. 氷を山盛りに入れる
  3. 角瓶1に対してソーダ4を順番にそそぐ(どちらもよく冷やしておくのがベター)
  4. 軽くひとまわししたら完成!

公式HPでは詳しい作り方のほかに、各ハイボールに合う料理のレシピなども掲載されているので、ぜひご覧ください!

トリス 〈クラシック〉

トリス 〈クラシック〉

トリス 〈クラシック〉 商品紹介

戦後間もない1946年に、安くてもしっかりした品質のお酒を飲んでもらいたいという思いから誕生し、「うまい、やすい、トリス」というキャッチコピーで人気を博したトリスウイスキー。

2015年に登場したトリス〈クラシック〉は伝統を受け継ぎつつ、価格を抑えながらも飲み飽きしない深みのある旨さを追求して作られた、自宅でも気軽に楽しめる本格ウイスキーです。

トリス 〈クラシック〉 製品概要

アルコール:37%

容量:180ml/700ml/1800ml/2700ml/4000ml

トリス 〈クラシック〉の美味しい飲み方

ハイボールはもちろん、香りを楽しむロックや、食事と合わせて水割りもおすすめです。ハイボールはウイスキー1に対してソーダ4、水割りは1対1がおすすめです。

ジムビーム

ジムビーム

ジムビーム 商品紹介

アメリカケンタッキー州で生まれたバーボンウイスキー。1975年に設立され、その歴史は7世代250年にも及びます。

法律が定める2倍の期間熟成されるこだわりのウイスキーは、バニラ・キャラメル・コーンを思わせる香ばしい香りと、甘く軽やかなキャラメルやバニラの味わいとほのかな樽感が楽しめます。

ジムビーム 製品概要

アルコール:40%

容量:200ml/700ml/1,000ml

ジムビームの美味しい 飲み方

イチオシはハイボール。他にも公式ホームページの「RECIPES」では、柑橘系のフルーツやジンジャエールを使ったカクテルの作り方が紹介されているので是非お試しください!

おいしいジムビームハイボールの作り方

  1. グラスにレモンを一切れ絞って入れる
  2. 氷を山盛りに入れる
  3. 角瓶1に対してソーダ4を順番にそそぐ(どちらもよく冷やしておくのがベター)
  4. 軽くひとまわししたら完成!

ジャックダニエル ブラック (Old No.7)

ジャックダニエル ブラック (Old No.7)

ジャックダニエル ブラック (Old No.7) 商品情報

言わずと知れたアメリカン(テネシー)ウイスキーであるジャックダニエル。

最大の特徴はチャコール・メローイングと呼ばれる工程によって生み出される味わいです。

メープルシロップの原料となるサトウカエデを燃やして作った木炭で原酒を丁寧に濾過することで、なめらかな甘みと程よい香ばしさが感じられる、口当たりの優しい味わいになります。

ジャックダニエル ブラック (Old No.7) 基本情報

アルコール度数:40%

容量 : 350ml/700ml/1000ml/1750ml/3000ml

ジャックダニエル ブラック (Old No.7)の美味しい飲み方

ハイボールはもちろん、コーラやジンジャエール、ミルコなどと割っても飲みやすいです。もちろん大人にロックで香りと味を楽しむのもおすすめ。

公式サイトではジャックダニエルを使ったカクテルや料理のレシピが紹介されているので、のぞいてみてはいかがでしょうか。(英語とスペイン語のみ)

メーカーズマーク

メーカーズマーク

メーカーズマーク 商品紹介

メーカーズマークは、「たとえもっと早くつくれたとしても、私たちはそうしない」を信条に1本1本丁寧に作られる本格的なクラフトウイスキーです。

最大の特徴は、バーボンの原料では定番のライ麦ではなく冬小麦を使うこと。これにより、よりまろやかな風味と口当たりになり、ふっくらとした甘みと香ばしさがが楽しめます。

手作りならではのちょっと贅沢な味わいを自宅で気軽に楽しめる無事ができる1本です。

メーカーズマーク 製品概要

アルコール:45%

容量:350ml/700ml1000ml

メーカーズマークの美味しい飲み方

まずはハイボールがおすすめです。

公式HPでは自宅でも気軽に作れるカクテルレシピが多数公開されているので、試してみてはいかがでしょうか。

おいしいメーカーズマークハイボールの作り方

  1. グラスに氷をたっぷり入れます。
  2. ウイスキーを適量グラスに注ぎ、グラスとウイスキーを冷やすためにしっかりとかきまぜます。
  3. キリッと冷えたソーダを氷に触れないようにゆっくりと注ぎます。(ウイスキー:ソーダ 1:4)
  4. 炭酸がぬけないようにタテに1回まぜます。
  5. 最後にオレンジを軽くしぼって完成です!グラスの縁から4〜5cm程度の距離をとり、約30度下からあげるようなイメージで搾るのがコツ。苦味成分が中に入らず、香りだけが縁につくのでぜひお試しください!

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト 商品紹介

バランタイン ファイネストは世界中で愛されるスタンダード・スコッチのベストセラーです。

40種類のモルト原酒をブレンドすることで、豊かで滑らかな風味を実現しています。ライトでもヘビーでもなく、飲むほどに魅了される気品を備えたスコッチです。

ファイネストはお値段的にもコスパが高く試しやすい銘柄です。より熟成されたバランタイン12年も手軽に買うことができるので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

バランタイン ファイネスト 製品概要

アルコール:40%

容量:200ml/700ml/1,000ml/1750ml

バランタイン ファイネストの美味しい飲み方

おすすめはハイボール。ウイスキー本来の味と香りがいっそうひきたちます。

もちろんロックや、バランタインの特徴である甘く華やかな香りが楽しめるフレグランススタイル(公式HP参照)でも。

おいしいバランタインハイボールの作り方

  1. グラスに氷をいっぱいに入れます。
  2. ウイスキーを注ぎ、マドラーでよく混ぜグラスを冷やし、溶けた分の氷を足します。(ウイスキー:ソーダ 1:3〜4)
  3. 冷えたソーダを注ぎいれ、炭酸ガスが逃げないようマドラーでタテに1回混ぜて完成です!
  4. レモンピールで香りづけをすると、ソーダ割りの爽快感がいっそう引き立ちます。

イチオシはハイボール。ティーチャーズ特有のスモーキーな香りと麦の甘みに加え、フルーティーで広がりのある味わいが楽しめます。

もちろんストレートやロック、水割りなど、飲み方を選ばないのも魅力のひとつです。

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトラベル 商品情報

デュワーズは、ウイスキーをボトルに詰めて売る事に成功し大躍進を遂げた、1846年創業の世界的スコッチブランドです。

ホワイトラベルは、スムーズでクリーンな味わいと華やかな香りが楽しめるハイボールに最適なウイスキーです。

デュワーズ ホワイトラベル 基本情報

製造元:ジョン・デュワー&サンズ

原産国:スコットランド

アルコール度数:40%

容量:200ml/700ml/1,750ml

デュワーズ ホワイトラベルの美味しい飲み方

イチオシはハイボールです。

デュワーズ好きな方は、ワンランク上のデュワーズ12年をロックや水割りなどで楽しむのもおすすめです。

おいしいデュワーズハイボールの作り方

  1. 氷を入れたグラスにデュワーズをそそぐ
  2. 炭酸水をそそぎ、軽くステアして完成!(ウイスキー:炭酸水 1:4)

ジョニーウォーカー レッドラベル

ジョニーウォーカー レッドラベル 商品情報

ジョニーウォーカー レッドラベル

世界で最も売れているスコッチウイスキー、ジョニーウォーカー。その中でも最も多く楽しまれているレッドラベルは、スパイシーで力強く、スモーキーな味わいが特徴です。

ジョニーウォーカー レッドラベル 基本情報

製造元:キリンビール

原産地:スコットランド

アルコール度数:40%

容量:700ml

ジョニーウォーカー レッドラベルの美味しい飲み方

ハイボールはもちろん、ロックでも楽しめます。

ジョニーウォーカー好きな方は、ワンランク上のブラックラベル12年をロックやトワイスアップ(ウイスキーと水が1:1、氷なし)などで飲むのもおすすめです。

【2020最新】コンビニ・スーパーで買える入門ウイスキー9選  まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハイボールは、自宅で手作りすると濃さや味わいを調節できていいですよね!

今回紹介したウイスキーは手軽なハイボール缶も販売されているので試してみてはいかがでしょうか?

濃い目で飲む場合はお水も一緒に飲むこともお忘れないでください!

コンビニで買える様々なお酒についての記事も紹介してます!
コンビニワインについての記事はこちら
コンビニで買えるサングリアワインについての記事はこちら
種類豊富なクラフトビールについての記事はこちら